Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック赤ちゃんモモぬいのメイキングその5

今日は、どういう風に「オーガニック赤ちゃんモモぬい」が作られているか、
写真でご説明します。

1)
メイキング05-01

これがオーガニックコットン100%の生地。ピンクがトップガーゼで、
手足の先の生成りが二重ガーゼと風合いを変えています。


2)
メイキング05-02

パターンです。何がなんだかわかりませんが、これが、モモのかたちになるんですね。
平面を立体にするぬいぐるみパタンナーさんの魔法です。


3)
メイキング05-03

パターンに合わせて生地を裁ちます。
生地の向きを考慮しつつ無駄のでないようにパターンを置きます。


4)
メイキング05-04

これが生地を裁ったところ。
白いのが手足の先、真ん中上の茶色いのが鼻の部分ですね。


5)
メイキング05-05

ミシンで縫い合わせます。どことどこが繋がるのか、さっぱりです。魔法です。


6)
メイキング05-06

耳・頭・胴体・手足が一体となったモモの皮?と中身や目のボタンなど。
洗濯したときに乾きやすいように、あえてポリエステルの綿を選びました。
おしりにはペレットという粒粒が入ってほどよいくったり感になります。


7)
メイキング05-07

メイキング05-07_2

背中から、綿とペレットを詰めたところです。お、モモだ!


8)
メイキング05-08

背中を閉じて、鼻と口を刺繍します。
工場からは一定の出来になるミシン刺繍してはと言われたのですが、
あえて暖かい素朴な感じの手刺繍にしてもらっています。


9)
メイキング05-09

木のボタンを付けて、マツゲを刺繍します。


10)
メイキング04-01

できあがりです!

工場で、1点1点手作りしていますので、微妙な違いがあります。
個性として可愛がっていただければうれしいです。


(真鍋)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。